入院中の母のようす

ブログ comments(0) - happy Lifeアドバイザー梅川ひろみ

【認知症になっちゃた?!】

いいえ、入院していると起こる

「せん妄」によるものです。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般


 

 

病院から、母が点滴の管を抜いてしまった

ので、手にミトンをはめベッドに拘束して

様子を見ています、という連絡が来ました。

 

実は、このところ母が「お父さんは全然

お見舞いに来てくれない」と言っていて

一緒にお見舞いに行っている父のことが

分からない、ということがありました。

 

点滴を抜いてしまったり、父が来ている

ことがわからない、という様子は一見

認知症の症状のように見えますが実は

入院している人に起こる「せん妄」と

いう状態によるものです。

 

「せん妄」という状態になると

家族が誰だかわからなくなったり

中には暴れてベッドから落ちてしまう人

もいるとのこと・・・

 

本人が危険な状態になってしまったり

治療に支障をきたしたりすると身体を

拘束することで治療を継続し患者さん

の安全を守ることになります。

 

母も「せん妄」の状態で点滴を抜いて

しまったので、ミトンと拘束になったのだ

ということが分かりました。

 

母の入院の際、ミトンや身体拘束について

必要なら行って構わないと承諾して

いましたが、実際に拘束されている姿を

見ると少なからずショックでした。

 

父は、拘束されて可哀そうだから点滴を

外してもうよう頼んでみるなどど言い

出し、こちらが慌ててしまいました。

 

   *  *  *

 

点滴を抜いてしまい治療に支障をきた

したり、家族のことが分からなくなったり

つじつまの合わないことを言いだしたら・・

 

認知症になってしまったのでは!と心配

になってしまいますね。

 

     でも

 

認知症と症状が似ていますが、「せん妄」

は適切な治療で自然に回復するものなので

過度に心配することはないということです。

 

    *  *  *

 

このように入院や手術によって一時的に

「せん妄」という認知症に似たような症状

が起こることがある、ということを事前に

知っていれば心配したり、拘束されている

ことをむやみに可哀そうがったりせずに

対応できると思います。

 

知識があるということが安心と理解に

つながります。

 

   *  *  *

 

元日にお見舞いに行ったとき母は

「お正月だって知らなかったのよ。もっと

早く気が付いていたら退院できたのに」

と言いました。お正月だからと言って退院

を患者が決めることはないので、その時

お見舞いにいっていた全員で笑ってしまい

ました。

 

こんなつじつまの合わない発言も

「せん妄」のせいだ、と分かっていたので

笑って対応できたのだと思います。

 

   *  *  *

 

入院や手術、施設入所で「せん妄」という

症状が起こることがあるという事を

まえもって知っておく。

 

知識があるということが happy に

つながります。

 

=====================

”happy Life アドバイザー”

 

 終活×FP×整理収納

あなたのhappy Lifeをお手伝い

 ************

 

人生のゴタゴタを整理して

 happy に過ごせる

生き方をしよう!

====================

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM