エンディングノートを書いてもらうには

老い支度 comments(0) - うめねこ

【10月に行ったワークでは】

10月19日に行った

Office Sanzu(オフィスサンズ)

の新規業務発表会の中で行った

グループワーク体験で・・・

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 ワークに参加した

 方のご感想を

 ご紹介します。

 

 

新規事業発表会ではOffice Sanzu

(オフィスサンズ)の新規事業に

ついてお話させていただくとともに

参加してくださった方に

エンディングノートを書いてもらう

をテーマにグループワークを体験

していただきましたが、その時

こんな感想をいただきました。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^

父が亡くなった時には、わからない事

があっても母がいてくれたので困らな

かったが、母がいなかったらきっと

とても困ったと思う。家族にとっては

情報があったほうがありがたい。

エンディングノートの情報は家族に

とって必要だを思う。

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということでした・・・

 

こちらのご感想をいただいた方は

お母さまが自分からエンディング

ノートを書かれたそうです。

お母さまは、ご主人が亡くなった時の

ご経験から、家族に情報を伝える事の

必要性を感じたのではないでしょうか。

 

こんな風に身近な方に起こったことで

エンディングノートについて話をする

きっかけになることがあります。

 

   *  *  *

 

今まで何度か、エンディングノートの

セミナーを行いましたが、どの会でも

「家族のために書いたほうがいい」

「書いてもらいたい」という感想を

何人もの方からいただきました。

 

半面、自分が書くこと考えると

死と向き合うようで、筆が進まない

という感想もありました。

 

happy Life 準備アドバイザーとして

「老い支度」としてエンディング

ノートを書いてもらうにはどうしたら

よいか、また、自分自身が抵抗感を

持っているとしたら、書くため

のハードルをどうやって下げるのか等に

ついて取り上げたいと思います・・・

 

==================

”happy Life 準備アドバイザー”

〜人生100年時代を楽しむための

    トータルアドバイザー〜

 

医療の進歩によって今や人生100年時代

と言われ老後の時間が長くなっています。

長くなった時間をhappyに過ごしたい。

そんな50代60代の方が向き合うことに

なるのは親の生活や相続のこと・・・

 

親の「老い支度」どうなっていますか?

親が安心して暮らせるということが、

自分たちのhappy Lifeにつながります。

お金、住まい、健康、生きがい

「なんとかなる から 

         なんとかする」へ

happy Lifeへのサポートをします。

==================

 

20191103_2988065.jpg

 

 

 手帳を更新しました。

 

 新しいのセミナー

 の構想を考えて

 います。
 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM