必要な人に届く情報のこと

FPと家計のこと comments(0) - うめねこ

【FPの勉強会がありました】

勉強会ではグループワークで

貧困家庭の家計を疑似体験

しました。

 

 

JUGEMテーマ:家計

20191007_2966033.jpg

 いわゆる貧困の

 家庭で子どもを

 育てる場合に

 どんなことが

 起こっているのか

 

 

 

講師から実例がいくつか挙げられ

話しを聞いた後でグループワーク

に入りました・・・

 

3つの収入のパターンから

住居費から医療費までの費目の

支出をシュミュレーション。

 

話し合いでは、苦労しながらも

支出が収入の範囲内に収まるよう

費目ごとに見積り、将来に備えて

貯金が出来るところまで、金額を

精査しました。

 

話し合いの結果、数字の上では

収入の範囲内に収まりましたが

実際の生活では、かなり厳しい

状況であるということは、家計

を任されたことのある身としては

実感としてよくわかります・・・

 

子どもを育てる上での貧困の

状態が、子ども自身に

「あきらめる」とか「親を

困らせたくないから言えない」

という気持ちを抱かせてしまう

のは心が痛みます・・・

 

国や自治体に何らかの援助が

あるとしても、それらの情報が

該当する人に届かなければ

利用することは出来ません。

 

必要としている人と情報の橋渡し

をするのが私のお役目・・・

 

たとえば、わたしの守備範囲で

ないところであったとしたら

取り組んでいる人に繋いでいこう

と思います。

 

情報の収集をしながら、心を研ぎ

澄ませ、お伝えすべき情報を必要

としている方に届けられるよう

繋いでいけるよう努力します。

 

今回勉強したのは、貧困の家庭の

事でしたが・・・

”happy Life 準備アドバイザー”

としても必要な情報はお伝えして

いかなければならないと思って

います。

そこで、10月19日のセミナー

では親のサポートをするときに

必要になることについてお伝え

していきます。

 

=====================

    梅川 ひろみ

”happy Life 準備アドバイザー”

〜人生100年時代を楽しむための

    トータルアドバイザー〜

====================

 

 

10月19日(土)に行うセミナーでは

Office  Sanz(オフィス サンズ)の

新しい取り組みのコンセプトの

ご紹介と、みなさんが抱えている

問題のについてお伺いしながら

問題解決の糸口を探して、必要な

情報についても考えていきます。

 

 

日時:2019年10月19日(土)

   14:00〜16:00

場所:柳瀬川図書館

   東武東上線柳瀬川駅下車すぐ

テーマ:親のサポートをする時に

    必要になること

費用:500円(資料代、茶菓付)

   (オープン記念につき)

定員:10名さま先着で受付ます。

 

↓↓ お申し込みはこちらから ↓↓

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM