積立てNISAを始めてみよう・・・

FPの記事 comments(0) - うめねこ

【老後のお金のこと・・・】

老後に2000万円足りないって!

どうしたらいいの???

 

JUGEMテーマ:貯金・節約

 

 金融庁の報告書で

 年金 だけでは

 老後の生活資金が

 2000万円不足?!

 

 

と話題になっているところで・・・

 

どうしたらいいんだ!!という

28歳の独身の若者さんがらの

ご相談です。

 

ご相談は・・・

2000万円については情報番組でも

とりあげられているから、気には

なっているけれど、老後って先の

事だからよくわかんない。

わからないけど、何かした方が

いいのだろうか?

 

(老後の収入の面からいうと

年金なら、自営業の方だと国民年金

の金額、会社員の方だと厚生年金が

上乗せされた金額をもらうことに

なって、その方の加入している年金

の種類にや期間よってもらう金額

が違います。)

 

そうか、俺会社員じゃなかった時も

あったし、今の仕事だっていつまで

続けるかわかんない。独立開業する

かもしれなんだ。

となると将来の年金収入がいくらに

なるかは流動的だよね・・・

 

(ねんきん定期便でめやす

の金額について把握することは

可能です。)

 

(支出についてはどうですか?)

 

今は独身だけど、これから家族が

できるかもしれないし、できない

かもしれないから、どんな生活に

なっていくのか未定なので

どうなるかはよくわかりません。

 

(そうですか、将来の生活スタイル

によってお金のかかり方は違って

きますね。)

 

  ・・・お答え・・・

 

将来の年金収入と支出の差額を

用意していくことになるので差額が

どれ位の金額になるのか、によって

用意すべき金額も違います。

老後の資金として2000万円足りない

という事については、お金の用意を

することは必要だと思いますけれど

用意すべき金額は人それぞれ違うと

思います。

 

おっしゃるように若い方は

働き方や将来像も見えにくいので

支出の見積もりがしにくく、

いろいろと不確定な部分が多い事、

2000万円という金額にもピンと

来ないといったこともあるでしょう。

 

ですから、すぐさま何をどうすれば

いいか見当がつかなといったことも

あると思うのです。

 

でも、生活する上でのリスクに

対する備え(リスク=病気やケガ

で働けずに収入が減ったり支出が

増えるという事態)たり

生活環境を整える、自己研鑚の

ため費用などのためにも、

ある程度の蓄えが必要です。

 

そこで・・・

お給料を生活費に使い切ってしまう

のでなく、収入=お給料の一部を

積立ることで蓄えていきたいもの

です。

 

まずは、積立を始めて

「コツコツ貯める仕組み」を作って

しまいましょう。

 

定期預金に積立てる方法もあります

が、若い方は先が長いので時間を味方

につけられる為(不測の事態に対して

挽回するの機会が多いという事)

投資信託などの元本の保証がなくても

利益の出やすい商品で運用していく

ことが可能です。

 

そこで、少額で積立てによって

投資信託のような運用商品を購入する

ことができる積立NISAをはじめてみる

のはどうでしょう。

 

積立てNISAは、投資信託を積立で

購入する制度で、運用してでた利益

に対して年間40万円までは税金が

かかりらないのが特徴で、利益が

出たら税金を引かれないので

まるまる元本に上乗せして一緒に

運用できるためより早く目標の

金額に近づくことができます。

 

銀行や証券会社でのNISA口座の

開設が必要なので、調べてみて

くださいネ。商品についての説明も

聞けると思います。

 

積立NISAについて、あまり詳しく

話せませんでしたが、銀行

や証券会社に行ってはなしを聞いて

みてから、疑問点についておななし

していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM