壁掛けスタイル

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【すぐ使えるような収納】

しまい込まないでわかりやすく

するには・・・

 

 

JUGEMテーマ:写真日記

20191107_2990860.jpg

 

 

 菜箸や

 お玉などの

 置き場所は

 どこにしよう
 

 

ここは、両親のキッチンです。

キッチンの引き出しは深くて

細かいモノの収納には不向き。

 

すぐ見えるところにないと

どこにあるの?と聞かれそう。

 

前の家では出しておく

スタイルでしたから、同じ

ようにしたほうが使いやすい

だろう、とは思いますが

この壁・・・

 

マグネットはききません。

釘も打てません。

どうしましょう???

 

 

そこで・・・!

 

20191107_2990864.jpg

 

 

 

 突っ張り棒

 で支えて

 ネットを

 設置しよう!

 ←←←

 

 

 

 

 

 

 

マグネットも釘も接着剤も不要で

移動も可能です。

 

実際、最初はこのようにシンク脇に

設置しましたが使い勝手がイマイチ

だったので、現在はガス台の脇に

移動させて使っています。

 

突っ張り棒は、他にも便利に使え

そうなので、思いついたらまた

ご紹介しますね。

 

=====================

”happy Life 準備アドバイザー”

〜人生100年時代を楽しむための

    トータルアドバイザー〜

====================

 

手書きの年賀賞を目指して

萌映先生の美文字セミナー

「年賀状のお稽古」申し込み受付中

 

    ↓  ↓  ↓

 

 

 

災害への備え

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【台風へどう備えましたか?】

大きな台風が続きました・・・

JUGEMテーマ:日記・一般

20191013_2970600.jpg

 

 いろいろな所で

 川の氾濫などに

 よる被害が出て

 いて心配です。

 

 

 

 

 

 

前の台風で千葉に大きな被害が

あったので、台風襲来の情報を

受け、早めに準備をした方が

多かったみたいで近くのスーパー

では早い時期からパン売り場の

棚は空っぽでした。

 

我が家では食品のほとんどは

生協の配達で用意している

ので普段から食品の在庫は

多い方です。

 

サンマやイワシの缶詰、うどん

やそうめんなどの乾麺。切り餅

と、ゆであずき。レトルトの

カレーとパックのごはんなどを

普段からストックしています。

 

   「回転備蓄」

食べては買い足すという仕組み

が自然と出来ているという感じ

になっています。

 

今回は、パンを買い足したり

ご飯を炊いておにぎりを握った

り、すぐ食べられるものを用意

しました。

 

幸い停電はなかったので懐中電灯

の出番はありませんでしたが、

3.11の時に懐中電灯の電池が

溶けていて使えなかったという

教訓から・・・

 

電池は本体から外しておき種類別

にファスナーパックに入れておき

すぐに装着できるよう本体の近く

に保管しています。

 

3.11の時にも大活躍だった

手回しラジオは心強い存在です。

稼働の確認をし出番を待ち。

 

風が強い台風では、ガラスの

破損に備えて養生テープを張る

というのを聞きましたが、テープ

を用意することが出来なかった

ので、養生テープを買っておく

とともにカセットコンロや水の

ストックを含め防災グッズの点検

をしようと思います。

 

=====================

”happy Life 準備アドバイザー”

〜人生100年時代を楽しむための

    トータルアドバイザー〜

====================

 

親の生活のサポートには、災害の

備えも含まれます。若い世代とは

違う準備があると思うので調べて

おきます。

 

 

 

 

おもてなしの部屋

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【お客さまが来るとき】

いつもより念入りに片付け

しませんか?

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

20190414_2829766.jpg

 

 部屋の片づけ

 が進まない時

 敢てお客さま

 をお呼びする

 ・・・

 

 

 

というのも、片付けを進めるための

一つの手です。

 

期限が区切られることで片付けの

作業がサクサク進みます・・・

 

ふだんは見過ごしてしまう所も

お客さまの目線を意識すると

省略しないで丁寧に整えようと

いう気になります。

 

ちょっと荒療治ではありますが

片付けの気持ちが停滞した時に

試してみるのも良いかも

しれません。

 

 

お客さまのために用意した

お部屋は、サッパリとして

快適ではありませんか?

 

そのサッパリした感じや

心地よさを忘れないで・・・

 

お客さまと同じように

自分も家族もおもてなしする

つもりで、お部屋の片づけ

していきませんか。

 

 

====================

    梅川 ひろみ

”happy Life 準備アドバイザー”

〜人生100年時代を楽しむための

    トータルアドバイザー〜

===================

どこにあるの?と聞かれないようにするには

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【入れ物に表札をつける】

どこにあるかがわかるように

ラベリングしました。

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

20190903_2940941.jpg

 

 

 

 

 

 

ガムテープやビニールひも

乾電池、軍手などが置いてある

戸棚の一段です。

 

家族が共通で使うものを入れて

いるので、ラベリングをして

カゴに何が入っているかわかる

ようにしています。

 

使う時もわかりやすくということ

ですけど、戻す時も間違った場所

に戻すということがなくなりそう

ですね。

 

家族の「あれ、どこにあるの?」

という質問を少なくする工夫なの

ですが・・・

 

両親のところのようにヘルパー

さんのに家事の援助をお願いして

いるお宅でも、どこに何があるか

ということがわかりやすく

作業がしやすくなるのでは?と

思います。誰が見てもわかる!と

いうのはけっこう大事なことです。

 

家族、ヘルパーさん、自分にも

わかりやすく・・・

 

モノをまとめてラベリングする

ことで探し物や二重買いの防止

になり自分にとっても良いこと

になりました。

 

 

 

 

 

 

まとまった休みなので掃除・・・

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【大掃除という訳ではないけど】

ずっと気になっていた次男の部屋を

一緒に片付けました・・・

 

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

20190813_2926712.jpg

 

 

 ここにあった

 本棚を移動

 しました・・・
 

 

ベッド脇の狭スペース、しかも

窓際ということで、埃がたまり

やすい場所です。

 

なかなか掃除が行き届かない所

でしたので、次男と相談の結果

別の場所にある棚の中身を見直

して、そちらに本を移動させる

ことにしました。

 

去年整理収納アドバイザー1級

の試験を受けた時、レポートを

書くため部屋の整理に協力して

くれたのが次男です。

 

今回は、その後に乱れたところ

の見直しになります。

 

以前クライアントさんのお宅で

アシスタントをした時のことを

思い出しながら、棚からモノを

全部取り出してから仕分け・・・

 

使っているモノ、使っていない

モノ、使っていないけど処分に

ついてはすぐには決められず

保留にしたいモノという風に

分けていきます。

 

一見すると荷物が散乱していて

メチャメチャなようでしたが、

仕分けは意外と順調に進んで

いきます。

 

以前に一度やったので慣れた?

かな(よしよし・・・)

 

仕分けが済み、使い勝手を聞き

ながら棚に収納し掃除機をかけ

とてもサッパリした部屋になり

ふたりで満足。

 

次の日、仕事に行った次男に

代わって捨てる本をまとめて

ました(ずっと勉強していた

参考書や問題集などです)

 

紐で縛りながら、手垢に擦れた

表紙を見て、一生懸命勉強して

いたことがよくわかりました。

 

自分自身の手でまとめれば次男

が自分の努力と向き合えたのに

とせっかくの機会をうばって

しまったようでちょっと残念。

 

モノの整理をすることは自分と

向き合うことでもある、という

ことを感じた掃除でありました。

 

 

 

 

 

 

片づけサポートのアシスタント(その2)

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【2回目のアシスタント同行です】

整理収納アドバイザーなおみさんの

アシスタント同行、2回目では・・・

 

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

 

 リビングの片づけが

 完了したので、次は

 納戸の片づけの

 サポートです。

 

 


前の訪問ですでに納戸の中のものに

ついて、使っているかいないか

という仕分けは済んでいますので

なおみさんの立てた収納プランに

沿って順々に収めていくことが中心

のサポートになります。

 

仕分けと収納のプランによって

スペース余裕が出る、ということが

わかったのでお客さまから、洗面所

に収納してあるものを移動させたい

というご希望が出たようです。

 

そこで、納戸の収納をメインに

しながら洗面所の方も少し見ていく

ことになりました。

洗面所に関してはお客さまがご自身

で事前にモノの仕分けと、収納場所

は考えられていたので、引き出しの

中のモノの入れ替えと納戸への移動

をして、結果・・・

 

洗面所にあった収納家具のひとつが

カラになったので撤去。

脱衣のスペースが広くなり・・・

 

一同思わず拍手!

 

納戸にもきれいにモノが収まり

片づけサポート終了です。

 

作業の後、リビングでお茶を

いただきましたが、天窓から

差し込む光に飾られたグリーン

がゆらゆらとうれしそう・・・

片づけと配置がえをしてとても

落ち着いた雰囲気になりました。

 

これから夏休みをむかえる

お子さまたちと楽しく過ごせ

そうな予感がします。

 

20190718_2907276.jpg 

 久しぶりの

 晴れ間で暑く

 なりました。

 

 

 

 

帰宅してから、ご褒美のアイス。

 

 

モノと向き合うことは生き方に

通じている、と思っています。

 

今回の片づけのリポートはこちら・・・

なおみさんのブログ

  ↓  ↓  ↓

https://ameblo.jp/n-cocochiyoi/entry-12495424119.html?frm_src=thumb_module

 

今回もとても勉強になりました・・・

 

 

 

整理収納アドバイザー、自宅セミナーに参加しました

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【オープンハウスに行ってきました】

整理収納アドバイザー石山可奈子さんの

お宅で行われた「しつらえのおけいこ」

にいってきました。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

20190706_2898801.jpg 

 小物の飾り方の

 センスが抜群の

 お部屋です。

 

 

お部屋のカラーも統一されてい

落ち着きます。見習いたい所満載!!

 

今回の注目点は、お子さんの自立を

促しつつ、家族が家のことに参加する

雰囲気を作っている点でした。

 

モノの置き方、しまい方。好きなものを

飾ること。(お子さんの好きなレゴも

遊びながら、うまく飾ってあるのが

斬新でした。) 

 

20190706_2898803.jpg

 

 家族みんなが

 このお部屋が

 大好き!と

 いう感じ。

 

 

(写真は許可をいただいて公開して

います)

 

もっと早く聞いていたら絶対まねっこ

したかったのが・・・

  「思い出ファイル」

家族でお出かけした時のパンフレットや

チケットの半券、思い出のものをまとめ

たファイルです。

 

出かけるたびに、はさんでいくと自動的

に時系列になっていって、あとあと

見返して「あの時はこうだった!」と

思い出しやすく、家族での会話もはずむ

そうです。

 

旅行した時にもらったパンフレットは

結局どこかへいってしまい、見返す

ことができなかった私としては・・・

 

そうか!

ファイルを一つ作っておけば

よかったんだ。遅まきながらの

気づきでした。

 

オープンハウス訪問で、カフェの

ようなお部屋ですてきなひととき

を過ごして、うっとりしながらも

家族を大切にする可奈子さんの

工夫に、こころがあったかくなり

ました・・・

 

素敵な時間を

   ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

オープンハウス訪問(その2)

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【オープンハウス訪問(その2)】

整理収納アドバイザーの

石山可奈子さんのオープンハウス

カフェのようなお部屋で素敵でした・・

が、実はそれだけではなかったんです。

 

JUGEMテーマ:写真日記

 

可奈子さんの工夫、「思い出ファイル」

には遅かった!と残念だったのですが

これなら・…

さっそくまねっこ

 

20190706_2898807.jpg

 

 電池の収納です。

 

 電池は切れた時に

 すぐ交換したい!

 のに、パッケージ

 が開かなくて

 イライラしたり

 
 

 

(↑まねっこした我が家の収納)

 

単3と単4の見分けがつかなくて

また、イライラ・・・

 

可奈子さんはパッケージをはずし

電池の種類ごとにジッパー袋に

ラベルをつけてストックして

いました。

 

これなら、電池が切れた時に

パッケージを外したりせず

メガネをかけて小さな字を

読まなくても単3と単4の区別

が一目瞭然!!

 

可奈子さんは、ストックが無く

なったら、ジッパー袋を持って

電池を買いに行くそうです。

 

なるほど!種類を間違えて買う

なんていうことが防げますね。

 

電池の交換がにたびに発生して

いた問題がこれで解決!!

 

他に、キッチンの引き出しの

ビニール袋も箱から出して

ペン立てのようなものに余裕

をもって立てておき、使う時

片手でスルリと取れるように

しておくという工夫も見せて

いただきました。

 

ちょっとしたことでイライラ

が解消できて穏やかな気持ち

で家事に臨めます。

 

 

お部屋を訪問した

石山可南子さんのブログはこちら

 ↓  ↓  ↓

 

https://ameblo.jp/karmar/entry-12495737349.html

 

夏休みに入ったお子さんとの

生活についての工夫が

書かれています。我が家の

夏休みのことを思い出しました。

 

 

 

 

 

整理収納アドバイザーなおみさんに同行しました

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【なおみさんのアシスタントをしました】

梅雨の晴れ間の一日、整理収納アドバイザー

のなおみさんのお客さまへのサポート訪問に

アシスタントとして同行しました。

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

夏休み前に子どもたちの勉強机が置いてある

リビングの整理をしたいというお客さまの

サポート訪問に、アシスタントとして同行

しました。

 

 

作業は棚やキャビネットの中のものを

全部取り出して、今使っているもの、

今はもう使っていないもの、どちらか判断

できかねるものや家族のものでに聞かないと

わからないものに、大まかに分けて

使っているものについて動線や使用頻度から

収納場所や収納方法を決め収めていきます。

 

前回キッチンの整理をなさっているという

お客さまは、事前に細かいものについては

ご自身で、使っているものと使っていない

ものとに仕分けてくださっていたので

お宅にうかがってからすぐ棚のものを

全部出すところから始めることが

できました。

 

ひとりで片づけを全部するとなると

判断がつきかねるモノが出てきたり

した時、手が止まってしまうことも

ありますが、誰かのサポートで

迷いがとれ、ササッと判断することが

でき次に進んでいけるという事も

あります。

 

家族で過ごすリビングに、今使っている

モノたちが使いやすいように配置されて

いる様子を相談しながら、仕分けが

進んでいきました。

 

仕分けが済んで、大まかに収納する場所や

配置をきめて、収めるのに必要なかごや

容器については、なおみさんがサイズを

測って次回までに揃えていくことになり

ました。(今日は仮に収めておきます。)

 

次回どんなふうになっていくのか

とても楽しみです。

 

20190621_2885246.jpg

 

 

 今回のレポートは

 なおみさんのブログに

 詳しく出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

なおみさんのブログはこちら↓↓↓
https://ameblo.jp/n-cocochiyoi/entry-12483282664.html?frm=theme

 

 

帰りにはレトロな喫茶店でお昼ご飯・・・

 

今回の整理収納の実作業では、

私自身とても勉強になりました。

今後の活動にも生かしていきたいと

思います。

 

捨てずに使う・・・

片付けと収納 comments(0) - うめねこ

【せっかくだから使いましょう】

整理収納アドバイザーのロコさんの

ブログを読んで・・・

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

20190414_2829766.jpg 

 ロコさんのブログには

 カップだけ割れて残っ

 てしまったソーサーが

 あるのだけれど・・・

 

 

整理収納アドバイザー的には

残ったソーサーは思い切って処分。と

いいたいところ・・・

ですが、あえてお皿として使って行こう

というロコさんの提案です。

 

どこのお宅にもありそうな

残ってしまったソーサー。

大切にしていたものなら、捨てるのは

忍びなく。かといってカップは割れて

ソーサーだけが残ったという気持ちで

食器棚にしまいこまれてそのまま?

 

ではなく、大切なものだから気持ちを

変えて使おう!!

紅茶を飲むときクッキーをのせて一緒

に出しましょう。カップが割れて残っ

てしまったソーサーではなくクッキー

をのせる「お・さ・ら」として・・・

 

生活の中で、要と不要。

捨てる、捨てないを決めるとき、自分の

気持ちの持ち方、自分がどんな生活を

したいのか描けているかどうかが

実はとっても大切です。

 

FPとして終活のお話をさせていただく

とき、お歳を召してくると、体だけでなく

気持ちも動かなくなる、判断することが

億劫になるというお話をうかがいます。

 

判断がつきにくくなるときに

ご自分がどんな生活がしたいかを描けるか

否か・・・

 

若い方でも、お歳を召した方でも

こういう生活がしたい、こうありたい、

という目標を描くことで、生活の基準が

生まれてきます。

 

たとえばいつでもお客さまを呼べる家

探し物をしない部屋にしたい

飾ったお花が生える部屋・・・

自分が心地よくすごせる空間にする

といった目標を意識すれば、きっと

ぶれずに生活することができます。

 

というわけで、残ったソーサーは

迷いなくお皿として活用しようと

いう気持ちを持とうと思います。

 

ご紹介したロコさんのブログはこちら

  ↓  ↓  ↓  ↓

http://ameblo.jp/amebawaco/entry-12453609924.html

無料ブログ作成サービス JUGEM